国際交流
第8回中日韓観光大臣会合が蘇州で開催
        
2018-10-29 16:41 | 人民網日本語版 

第8回中日韓観光大臣会合が27日、江蘇省蘇州市で開催され、中国文化・観光部の■樹剛部長(■は各に隹)、韓国文化体育観光部の都鍾煥長官、日本国土交通の石井啓一大臣が出席して、基調講演を行った。人民日報が報じた。

会合で、3ヶ国の観光大臣は、「観光を通して、地域間の協力における更なる健全、安定、持続可能な発展を促進する」をテーマに、3ヶ国の観光交流と協力の発展のこれまでの歩みと成果を振り返り、評価したほか、3ヶ国の観光協力の発展とその重点、全体的な方向への展望を見据え、3ヶ国が共に関心を抱く話題をめぐって意見を交換し、コンセンサスを築いた。

会議後、3ヶ国の観光大臣は、今後の3ヶ国の文化、観光をめぐる協力の枠組みの内容や目標の方向性を明確化した「第8回中日韓観光大臣会合蘇州宣言」を発表した。2019年は同会合が韓国で開催されることも決まった。同宣言は、3ヶ国の観光交流・協力をめぐるコンセンサスを深化させている。その具体的な内容としては、査証(ビザ)の簡素化や航空路線拡大で、中日韓の人的交流の利便性を向上し、中日韓新観光交流時代の幕を開けていくほか、観光商品の文化的要素を発掘し、人文交流・協力を強化し、観光交流のクオリティを向上させ、共に北東アジアの健全な観光協力、持続可能な発展の促進などが盛り込まれた。

会期中には、中日観光大臣会談、日韓観光大臣会談、中韓観光大臣会合などの2国間会合のほか、中日韓観光業界セミナー、企業の商談会なども開催された。

「人民網日本語版」2018年10月29日

0