国際交流
189人乗せたインドネシアの旅客機、海上で墜落と確認
        
2018-10-29 15:49 | 新華社

  【新華社ジャカルタ10月29日】189人を乗せたインドネシア民間航空最大手ライオン・エアの国内便JT610便が29日、ジャカルタを離陸した後、海上に墜落した。同国国家捜索救助庁が明らかにした。

   同庁の責任者が午前の記者会見で発表したところによると、ジャカルタからバンカ・ブリトゥン州の州都パンカルピナンに向かっていた同機は6時20分に離陸し、13分間後に消息を絶った。これまでに海上で墜落したことが確認されている。

  同責任者によると、同機の機種はボーイング737で、ジャワ島北部の海域で墜落し、現場では多くの機体の破片が発見された。現在、捜索救助隊が現場に向かっている。

  在インドネシア中国大使館は、すでに緊急対応措置をとり、墜落機に中国人乗客がいたかどうかを多ルートを通じて確認しているという声明を発表した。

0