国際交流
日本メディアが大阪のある幼稚園で中韓を敵視した文書が配布されたと報道
        
2017-02-21 20:29 | http://jp.xinhuanet.com/

  日本メディアによると、日本の大阪市で第二次世界大戦前の教育文書の利用を推進する幼稚園が保護者に「よこしまな考えを持った在日韓国人や支那人」などの表現を含む文書を配布していた。また、同幼稚園のホームページに「韓国・中国人等の元不良保護者」と書かれた内容を一時掲載していた。

 

  共同通信社の記事は、この幼稚園は大阪市淀川区の学校法人、森友学園が運営する塚本幼稚園で、『教育勅語』などの内容の暗唱を推し進めたことによって注目を集めている。日本の大阪府が管轄する私立学校教育部門は昨年12月、この幼稚園に通学した児童の保護者から告発を受け、今年1月12日に担当者を派遣してその状況を把握したところ、同幼稚園の籠池泰典園長は上記文書を保護者に配布したことを認めた。

 

  『教育勅語』は日本の明治天皇が公布された教育文書で、その宗旨は第二次世界大戦前の日本の教育の主軸とされていた。1938年以降、『教育勅語』は日本軍国主義の教典になっている。第二次世界大戦後に米国をはじめとする同盟国占領軍の主導のもとで、『教育勅語』は1946年に教育体系から除外された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(インターンシップ  黄含)

 

0