国際交流
随筆:日本の右翼に反証する事実
        
2017-02-08 22:31 | http://jp.xinhuanet.com/

  カナダのオンタリオ州議事堂で、12月13日を南京大虐殺記念日に認定する法案が現在、審議の最終段階に入った。この法案が成立すれば、オンタリオ州は西側諸国で南京大虐殺記念日を初めての政府側の正式認定した地域になる。

 

 戦争の記憶が「風化」されたことで、平和主義思想が一部の日本人の意識から次第に遠ざかっている。今日、日本では戦争の罪行を否認する言動が勢いを増している。一方で、事実は結局、事実であり、国際社会では日本の侵略戦争の罪行に対する把握された真相がますます多くなります。

 

 2006年、安倍首相が初めて首相に就任して中国を訪問した際に、中国と歴史研究を共同で行うことに同意した。2010年に研究に参加した日本人学者は「旧日本軍が南京に侵攻した後、捕虜、残兵、便衣兵、一般市民の集団と個々に対する殺人事件、強姦、奪略、放火が多発した」ことを明確に認めた報告書を発表した。

 

 日本の右翼学者、東中野修道氏と松村俊夫氏は南京大虐殺は中国のねつ造だとする著書を執筆し、大虐殺の生存者である夏淑琴さんと李秀英さんは偽りの被害者だと主張した。その後、夏淑琴さんと李秀英さんは日本で東中野氏と松村氏を提訴したことは勝訴している。東京地方裁判所は1999年に下した判決で、虐殺行為があったことを明確に認めた。この判決は6年後に東京高等裁判所でも肯定されている。

 

 日本の辞書『広辞苑』の説明では「南京大虐殺」について「1937年前後に、南京城の内外で、日本の軍隊が中国の軍隊の降参兵、捕虜、一般市民を大量虐殺し、放火、略奪、強姦などの暴行をはたらいた。」と書かれている。『大辞泉』などの辞書でも「南京大虐殺」について類似する説明書きがある。

 

 以上の事例は、日本国内での真相を表わした多くの例の一部だが、日本の右翼勢力に対する有力な反証になることは疑いない。日本の裁判所の正式な判決、日本政府の公式声明などを前にしても、右翼勢力は依然としていわゆる「南京大虐殺はなかった」などのでたらめな発言を懸命に伝播しており、一部の政治屋もその発言を容認していることは全く横暴で手のつけようがない。

 

 

 

 

 

 

 

(インターンシップ  黄含)

 

 

 

 

0