国際交流
中国外交部、日本政府に放射能漏れ事故の影響を如何に切実に取り除くことについて責任ある説明を行うよう希望
        
2017-02-07 22:48 | http://jp.xinhuanet.com/

  中国外交部の陸慷・報道官は6日、中国側が日本政府に放射能漏れ事故の影響を如何に有効的な措置を取って切実に取り除くことについて責任ある説明を行うよう希望すると述べた。

 

  同日の記者会見で、ある記者が次の質問を提出した。報道によると、東京電力は福島第1原発2号機の内部で撮影された最新の映像と写真に関する分析から、2号機格納容器内の放射線が1時間当たり最大530シーボルトに達する可能性があると推算、人間がこのような放射線に当たる場合、数十秒で死に至るということだ。これに対し中国側は心配を持つか? 中国公民の日本旅行が影響される可能性があるか?

 

  陸慷報道官は「我々は関係報道に気づいた。中国側はずっと福島第1原発の放射能漏れ事故の影響に高い関心を寄せており、日本政府に関係手配を速やかにうまくすると同時に、事後処理作業をうまくすることを何度も要請した。」と述べた。

 

  陸慷報道官は、「我々は日本政府に放射能漏れ事故の影響を如何に有効的な措置を取って切実に取り除くことについて責任ある説明を行うよう希望する。」と語り、また「これは日本自国の国民に対して果たすべき責任だけではなく、隣国の国民と国際社会に対して果たすべき責任でもある」と語った。

 

  陸慷報道官は中国外交部がすでに関係安全勧告を出し、中国公民が適切な旅のプランを立て、安全をしっかりと守ることができると信じていると述べた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(インターンシップ  黄含)

 

0