観光
世界の変わった空港10カ所 4月にしか使用しない空港も
        
2016-11-07 12:38 | http://j.xinhuanet.com.cn/n3/2016/1005/c94474-9123075.htmlhttp://j.people.com.cn

イギリスの『デイリー・メール』は11月2日、旅の思い出として一生残る10の空港をまとめた。

米フロリダ州オカラにあるジョン・トラボルタのの家には2本の滑走路があり、飛行機で直接家に帰ることができる。

ロシアの北極基地バルネオは北極から25マイル(約40キロ)の場所にあり、使用できるのは4月だけである。

米ネバダ州のブラック ロック空港は、毎年8月の「バーニングマン」を過ごす観光客のために砂漠の中に敷設された長さ2マイル(約3.2キロ)の滑走路である。

2014年初め、中国の広西チワン族自治区河池市の標高2221フィート(約677メートル)の山頂に新空港が建設された。

キングジョージ島にあるテニエンテ R マーシュ空港は、南極大陸の最北端にあることで有名。

マテカネ空港の滑走路は高さ1968フィート(約600メートル)の崖っぷちにあり、スリル満点の離陸を体験できる。

ネバダ州にあるホーミー空港は米空軍の秘密施設の正式名称で、エリア51とも呼ばれる。

インド・ラダックのダウラト・ベグ・オルディ地区には、標高16614フィート(約5065メートル)という世界一高い空港がある。

米オクラホマシティの移送センターにはウィル・ロジャース空港に繋がる通路があり、飛行機を刑務所の入口に着陸させて犯人を移送することができる。

ニューギニア西部の村に2011年に建設された空港は世界から注目されている。

(インターンシップ 康晓雯 黄含)

0