サイエンス·教育
献立は自由に決められる!? 中国宇宙飛行士は宇宙での食生活を紹介
        
2016-11-08 21:02 | http://j.people.com.cn/n3/2016/1005/c94474-9123075.htmlhttp://j.people.com.cn

 

 

  宇宙飛行士の景海鵬氏は4日、宇宙実験室「天宮2号」で動画を発表し、宇宙飛行士の宇宙における食生活を紹介した。彼らは十分に食べているばかりか、食べたいものを選ぶことができる。献立の中で、気分に応じて後の日のものと交換することも可能だ。景氏は「これまで宇宙に2回滞在しているので、研究者は献立を作る時に私たちの意見を聞いてくれた。もう何日も食べているが、前回、前々回と比べ選択肢が増え、味も良くなったと感じている。今回持ってきた食品は私と陳冬氏の好物であり、食事が単調なものだと感じることは全くない」と話した。

 

  景氏は「飛行段階によって、食べる物も異なる。軌道に乗ったばかりの時はあっさりした、消化しやすいものを食べていた。今はドッキング後の飛行段階で、5日分の献立が組まれている。主食、副食、インスタント食品、飲み物、調味料、機能食品の6つのタイプに、100種類近くの食品が含まれる」と述べた。

 

  一日三食のほか、おやつや夜食でエネルギーを補給することもできる。さらに彼らは自分でお茶を淹れることができる。中国人が宇宙でお茶を淹れるのは、今回が初めてだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(インターンシップ 康晓雯 黄含)

0