サイエンス·教育
新種の植物「北川リュウキンカ」、四川省で発見
        
2016-11-04 22:07 | http://j.people.com.cn/n3/2016/1005/c94474-9123075.htmlhttp://j.people.com.cn

  四川小寨子溝国家級自然保護区が3日に発表した情報によると、中国科学院植物研究所の劉氷氏、成都情報技術大学の■雲慶(■は赤へんにおおざと)氏、同保護区の張涛氏らが、「北川リュウキンカ」という新種の植物を発見した。

 

  関係者は3年以上に渡り野外調査、文献閲覧、標本の比較対照により、この種の葉縁に細かいのこぎりの歯のような形があり、茎が垂れ下がり、花が紅色で、おしべの葯が広く平らであるといった特徴が、リュウキンカ属の既知の種と大きく異なっていると判断した。また、遺伝子のITS領域と葉緑体遺伝子(trnL-trnF,atpB-rbcL)を分析した分子系統学の結果により、最終的に新種であることを確認した。この研究は植物分類学の専門誌「Phytoaxa」に掲載された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(インターンシップ 康晓雯 黄含)

0