ホットフォト
中国企業、ハノーバーメッセ2019に登場
        
2019-04-04 15:43 | 新華社

 

1日、華為技術(ファーウェイ)ブースで展示されたロボットアーム。(ハノーバー=新華社記者/単宇琦) 

 

【新華社ハノーバー4月4日】世界最大の産業見本市「ハノーバーメッセ2019」が1日~5日、ドイツのハノーバーで開催されている。今回は世界75の国と地域から6500社が出展する。うち中国企業の出展社数は、開催国のドイツに次いで二番目に多い。

 

 

1日、華為技術(ファーウェイ)のブース。(ハノーバー=新華社記者/単宇琦)

 

 

1日、華為技術(ファーウェイ)ブースで展示された自動車を見学する来場者。(ハノーバー=新華社記者/単宇琦)

 

 

1日、海爾(ハイアール)のブースで複合現実(MR)ゴーグルを体験する来場者(左)。(ハノーバー=新華社記者/単宇琦)

 

 

2日、中国南京高精伝動設備製造集団のブースで展示された設備を見学する来場者。(ハノーバー=新華社記者/単宇琦)

 

 

1日、海爾(ハイアール)のブースで展示された産業用インターネットプラットフォーム「COSMOPlat」のシミュレーション。(ハノーバー=新華社記者/単宇琦)

 

 

1日、瀋陽福斯特激光科技公司のブースに展示されたレーザー彫刻の装飾。(ハノーバー=新華社記者/単宇琦)

 

 

ハノーバーメッセで撮影した中国企業のブース。(ハノーバー=新華社記者/単宇琦)

 

 

2日、中国中車集団のブースで話し合う来場者とスタッフ。(ハノーバー=新華社記者/単宇琦)

 

 

2日、中国航天科工集団有限公司のブースで展示された模型を見学する来場者。(ハノーバー=新華社記者/単宇琦)

 

0