ニュース
青少年が新時代へと想いを寄せる=国際青少年デー
        
2019-08-12 17:38 | CRI

  8月12日は年に1度の「国際青少年デー」です。現在、青少年は各業界で活躍し、重要な役割を果たすとともに社会の発展のため貢献しています。

  中国工程物理研究院機械製造工芸研究所の高級エンジニアで29歳の陳行行さんは業界のハイレベル人材として2018年に「大国工匠年度人物」に選ばれました。山東省の農村部出身の陳さんは技術工業専門学校を卒業後、機械加工の仕事に携わっています。陳さんが改造、開発した羽根車(水車・タービンなどの回転軸に羽根を取り付けたもの)の加工効果は非常に高く、加工時間が9時間かかっていたものが今では2時間となり、加工の質も大幅に高められました。

  ここ数年、中国の宇宙航空人材はますます若くなっています。中国航天科学技術グループのうち、55%の職員は35歳以下の若者です。また、全モデルの総デザイナーは半分近くが45歳以下で、平均年齢は海外の同じ業界より10歳ほど若くなっています。

  9年前に27歳で博士課程を卒業した康成斌さんは、中国の北斗衛星導航グローバルシステムの開発を務めています。北斗衛星導航グローバルシステムは中国が自主研究、自主開発したもので、独立運行しています。その核心技術を開発しているのは平均年齢33歳の青年チームです。康さんは「これは史上初で前例のないことだ。新時代の下、我が国はこの重要特許権を持ち、若者にさらなる広い舞台を提供している。私たちには夢を実現する機会がある。この機会を大切にし、国家の重要プロジェクトを推し進めていく」と語っています。(雲、星)

0