ニュース
中国産スマートフォンが世界市場で好調
        
2017-02-17 22:06 | http://jp.xinhuanet.com/
  IT分野の調査・助言を行う米ガートナーの最新調査報告によると、2016年、世界市場で中国産スマートフォンの売上が好調で、このうち華為の携帯電話販売台数が第3位となり、米アップルと韓サムスンの2大メーカーが占めていた一部のシェアを獲得した。アップルとサムスンのシェアはいずれも小幅に減少した。

 

  報告によると、16年、華為のスマートフォンの市場シェアは8.9%で、15年の7.3%を上回った。

 

  ガートナーのAnnette Zimmerman・アナリストは、中国のスマートフォンメーカーは16年、市場シェア獲得において成功を収め、華為は現在、2大メーカーとまだ大きな差があるとはいえ、これらの主要ライバル企業となったようだ、と語った。

 

  報告によると、2016年第4四半期(10-12月)、上位3社のスマートフォン販売台数と市場シェアはそれぞれ、アップルが7700万台の17.9%、サムスンが7680万台の17.8%、華為が4080万台の9.5%だった。

 

  華為の2015年年次報告によると、2015年のスマートフォン出荷台数は1億800万台で、サムスンとアップルに次いで世界で3番目に年間出荷台数が1億台を突破したスマートフォンブランドとなった。2016年上半期(1-6月)の出荷台数は前年同期比25%増の6056万台だった。

 

  Zimmerman・アナリストは、2016年、華為以外にもOPPO、Vivoブランドを展開する歩歩高、中興、小米、レノボ等の中国スマートフォンメーカーの業績も好調だったと述べた。Zimmerman・アナリストは、また「過去数年と比べ、非常に際立った進歩が見られている。」と述べた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(インターンシップ  黄含)

0