サービス情報
秦嶺のパンダ保護研究の成果が発表
        
2018-11-29 13:17 | 人民網

  特別天然記念物である「国宝」のパンダと言えば、四川省の臥龍を思い浮かべる人が多いだろう。あまり知られていないかもしれないが、このパンダという「切り札」を実は陝西省も数多く手にしている。陝西省は密度が最も高いパンダ生息地であり、最も希少な野生パンダが生息し、ふっくらとした顔立ちが特徴的な「国宝の美人」と呼ばれるパンダたちの生息地でもあり、そして珍しい茶色パンダも陝西省に生息している。陝西省林業局はこのほど西安市で、秦嶺のパンダ保護研究の6大成果を発表した。科技日報が伝えた。

  全国第4回パンダ調査結果によると、秦嶺のパンダの数は80年代の109頭から217%増の345頭に増加し、全国で最多となっている。100平方キロメートルあたりのパンダの数は10頭で、野外で暮らす個体群の密度で全国一となっている。そして生息地の面積も大幅に拡大した。秦嶺のパンダ生息地は、陝西省の5市・11県・27郷鎮を網羅しており、その面積は80年代の1037平方キロメートルから247%増の3600平方キロメートルまで拡大し、潜在生息地の面積も2446平方キロメートルに達している。現在、陝西省は各種自然保護区を32ヶ所設けており、その総面積は5591平方キロメートルと陝西省内の秦嶺山脈の面積の10分の1を占めている。うちパンダ保護を中心とする保護区は16ヶ所、総面積は3500平方キロメートル。野生のパンダの76%でパンダ生息地の56%が厳重に保護されている。

  さらに秦嶺パンダ繁殖研究センターは整った人工繁殖技術体系を構築している。現在までに陝西省では18回の妊娠でパンダの赤ちゃん18頭の出産とその育成に成功しており、人工飼育頭数は22頭にのぼるなど、世界第3位の人工飼育パンダ個体群基地を作り上げている。(編集YF)

  「人民網日本語版」2018年11月28日

0