サービス情報
大型水陸両用機「AG600」が水上初飛行に成功、珠海に凱旋
        
2018-10-29 13:13 | 人民網日本語版

水上初飛行任務に成功した中国初の大型水陸両用機AG600「鯤竜」が25日午前、湖北省荊門市の◇河空港(◇はさんずいに章)から珠海市に無事帰還した。新華社が伝えた。

同日10時30分の珠海では青空が広がり、秋風が吹いていた。航空工業通飛華南基地には、AG600の帰還を待ちわびる人が集まった。10時57分頃、AG600が轟音と共に空港の滑走路に着陸し、同基地の駐機場に停泊した。11時になると、初飛行任務を遂行した乗組員4人が次々と降り、現場では割れんばかりの拍手が鳴り響いた。

同機は2016年7月23日に珠海で組立が終了し、2017年12月24日に珠海で陸上初飛行に成功し、2018年10月20日に荊門で水上初飛行に成功した。

航空工業通飛分党組書記、会長の呉光権氏の説明によると、AG600は間もなく開催される第12回中国航空ショーで静態展示される。同社の関係者によると、今後は研究開発に引き続き専念し、一日も早い商用化を目指すという。

「人民網日本語版」2018年10月29日

0