サービス情報
寝る時の姿勢を間違えると外見を損なう?
        
2016-10-27 21:49 | http://j.people.com.cn/n3/2016/1005/c94474-9123075.htmlhttp://j.people.com.cn

  「美しさ」を追求する人にとって、「睡眠」も美しくなるために重要な方法の一つで、「ビューティスリープ」という言葉もある。睡眠は美容に不可欠であるものの、睡眠時の姿勢などにも注意が必要で、姿勢によっては逆効果になってしまうことさえある。

 

寝る時の姿勢が「美容」に与える影響

 

  布団を頭までかぶって寝たり、長時間横向きで寝たりするのは避けなければならない。横向きで寝ると顔が枕に当たり、圧迫されるため、肌と枕の摩擦が増え、しわの原因となる。また、長期間に渡って横向きに寝る習慣があると、顔が左右非対称になる可能性もある。美容に最も良い姿勢は仰向けで、腰や背中が悪い人に最も適しているのも仰向けだ。膝かふくらはぎの下に枕を置いて、足を少し上げ、脊柱がまっすぐ伸びるようにすると、腰にかかる圧力が減り、腰や背中の痛みを軽減できる。


睡眠時の呼吸の仕方も体に影響

 

  長期間、鼻ではなく口で息をしていると、アゴの骨の発育に影響を与え、下アゴが後ろに引っ込んだり、頭が前に傾いたり、目の活気がなくなったりする原因にもなる。これは、硬口蓋が空気の流れの影響で変形し、顔の発育にも影響を与えるからだ。深刻な場合、上唇が分厚くなって飛び出る、歯の色が悪くなる、歯並びが悪くなる、噛み合わせが悪くなる、出っ歯になるという現象を引き起こし、顔の表情に影響する。

その他、体は決まった時間にデトックスを行う。睡眠不足であったり、体内時計が狂ったりすると、デトックスにも影響を及ぼす。睡眠は健康に不可欠で、美容とも大きな関係がある。そのため、休息の時間をきちんと取り、睡眠を十分に取ることが必要だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(インターンシップ 康晓雯 黄含)

0