経済
中国鉄鋼産業の第13次五カ年計画発表
        
2016-11-17 17:37 | http://j.people.com.cn/n3/2016/1005/c94474-9123075.htmlhttp://j.people.com.cn

  中国工業・情報化部(省)は14日に「鉄鋼産業の調整・バージョンアップ計画(2016~2020年)」を発表し、第13次五カ年計画期間の末までに、鉄鋼産業の供給側の構造改革が重大な進展を遂げ、産業全体が根本的な困窮からの脱却を実現するとの目標を明確にうち出した。2020年をめどに、鉄鋼産業の生産能力の過剰問題が効果的に緩和され、粗鋼の生産能力を1億トンから1億5千万トン削減し、革新の駆動力を著しく増強し、エネルギーの消費と汚染物質の排出が全面的に安定的に目標を達成し、製品の質の安定性と信頼性の水準を大幅に引き上げ、一連の重要鋼材製品の効果的な供給を実現することを目指すという。

 

  同部は、鉄鋼生産能力の規模を拡大するすべての投資プロジェクトの建設を停止し、各地方が一律に鉄鋼の精錬能力を増やすことを禁じ、構造調整と改良プロジェクトでは生産能力の削減や置換を厳格に執行するとの方針をうち出した。生産能力の置換プランに組み込まれた企業と設備は、各地方政府のサイトで公表され、社会の監督を受けなければならない。次に、鉄鋼の配置調整局面を改善しなければならない。北京市、天津市、河北省とその周辺地域、長江デルタ地域では、既存の沿海・河川流域における配置を基礎として、地域の環境圧力の軽減に着目し、優位性のある産業をよりどころとして、減量と再編を通じて、内陸部企業の最適化と調整をはかる。河北省内の首都経済圏に位置する重点鉄鋼生産地域は、都市部の鉄鋼生産工場の全面的な撤退と置換を研究し、地域内での減量と発展を実現しなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(インターンシップ 康晓雯 黄含)

0