経済
一線都市は「しんどい」と二線都市に目を向ける中国の留学帰国組
        
2016-11-14 22:17 | http://j.people.com.cn/n3/2016/1005/c94474-9123075.htmlhttp://j.people.com.cn

  中国で「海帰」と呼ばれる留学帰国組のほとんどは、広々とした場所でキャリアを伸ばしたいと考えている。そのため、帰国後は一線都市で就職するというのが一般的だった。そして、深センの経済が急速に発展するにつれ、「北京・上海・広州・深セン」が一線都市の代名詞になってきた。

 

  しかし、一線都市は競争が日に日に熾烈になっているほか、三線都市は良い仕事が少なく、それに対して二線都市の経済は現在急速に発展しているため、二線都市にその目を向ける「海帰」が増加している。

 

一線都市は「しんどい」

 

  一線都市である北京・上海・広州・深センは良い仕事が多く、発展の余地が大きいため、多くの「海帰」が帰国後、まずこれらの都市で仕事を探すことを望む。しかし、一線都市で生活したり、仕事をしたりしていると、悩みも少なくないようだ。

 

  朱一丹さんは英国のマンチェスター大学に留学し、帰国後は北京で就職した。しかし、「北京は渋滞が激しく、数キロ進むのに何時間もかかることもある。それに、秋や冬になると、大気汚染が深刻化して最悪。このような生活の中では些細なことが仕事中の気分に影響する」と朱さん。

 

  彭セン培さん(仮名)はフランスの国立高等技術工芸専門学校に留学し、帰国後は、北京、上海、深センで暮らしたことがあり、今は深センで働いている。北京・上海・広州・深センのような一線都市でしか就職しないのかとの質問に、彭さんは「良い仕事もポストもある」と説明。ただ、求職者がこれらの都市に集中すると、人材が飽和状態になりやすく、競争も激化する。一線都市で安定してキャリアを積むために、彭さんも一生懸命努力したものの、いろんな面で大きなストレスを感じているという。

 

  「しんどい」というのが、一線都市で必至に働く「海帰」らの心の声だ。それが原因で、二線都市に目を向ける海帰も増えている。

 

二線都市の前途に希望託す

 

  「海帰」が二線都市を選ぶ主な原因の一つは、発展の前途が明るいからだ。

 

  陳志浩さんはロシア外交部外交学院に留学し、国際関係を専門に学んだ。博士課程修了後、陳さんは帰国して実家のある四川省成都市に戻り、起業の準備をしている。成都は南西地域のターミナル都市で、中国西部の経済の中心地。また、「一帯一路(the belt and road)」の重要なポイントでもあり、ここ数年は目覚ましい成長を遂げている。

 

  中国政府がベンチャー支援政策「大衆創業、万衆創新(大衆の起業、万人のイノベーション)」を掲げ、ベンチャーやイノベーションへの関心が高まる中、多くの二線都市が優秀な人材の誘致政策を次々に打ち出し、ベンチャーやイノベーションを目指す「海帰」を呼び込んでいる。例えば、留学生ベンチャーパークやプロジェクトのインキュベータープラットフォームを設置したりして、「海帰」に資金援助やベンチャー指導、整った関連施設などを提供している。これも、二線都市を選ぶ「海帰」が増えている原因の一つだ。

 

二線都市の環境のほうが適応しやすい

 

  上記のほかにも、二線都市を選ぶ「海帰」が増えている原因がある。

 

  前出の陳さんは、「成都は住みやすい都市で、気候も過ごしやすく、空気もきれいで、ゆったりと暮らせる。また、一線都市よりも生活費が安いというのも重要なポイントだ。「不動産が安いのも、私たち若者にとってうれしい」とし、「成都で根を張ることにしたのは、仕事と家庭を両立したいというのも大きな要素。成都は私の出身地で、北京、上海、広州、深センはどれも成都から遠すぎる。両親が成都にいる限り、そこに近い所がいい。また、出身地のほうが落ち着いて起業できる。まず、その土地の事情もよく分かっているし、これまで築いてきた人脈も起業の助けになる」と話した。

 

  そのほか、二線都市にある大学に留学していたという理由から、帰国後もそれと同じような環境の都市を選ぶ「海帰」も多い。李志鋒さんは学部から修士課程まで、重慶大学で学び、応用物理を専門に学んだ。その後ウィーン大学に留学し、博士課程に進んだ。帰国後はまず北京で起業した。しかし、数年後、重慶に引っ越した。「重慶で起業することにしたのは、この街のことをよく知っているから。ここが出身地ではないものの、ここで長年暮らしているため、第二の故郷になっている。それに、重慶なら起業にかかるコストも安い」と李さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(インターンシップ 康晓雯 黄含)

0