文化·生活
歴史を見守る1000年以上前の石像、今も新疆の草原にそびえ立つ
        
2016-11-08 20:51 | http://j.people.com.cn/n3/2016/1005/c94474-9123075.htmlhttp://j.people.com.cn

 

 

 

  新疆維吾爾(ウイグル)自治区昭蘇大草原にそびえ立つ11体の「草原石人」は、東の方角を向いている。1000年以上の歴史があるが、石像は現在も生き生きとした表情をしている。

 

  草原石人の多くが、大きな岩を彫って作られている。一部の石像は長円形の岩に細い線を彫っただけで、人の顔の輪郭をどことなく表している。一部の石像は丁寧に彫刻されており、頭や五官、体などは本物さながらだ。さらに一部の石人は腰まで届く髪を結っており、なめらかな線が石像に躍動感を与えている。

 

  考古学界では、新疆石人は紀元前1200年頃のシャーマニズムが由来とされている。昭蘇草原の石人は、シャーマニズムの一種の表現形式だ。これは英雄への崇拝であり、祖先への崇拝でもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(インターンシップ 康晓雯 黄含)

0