中国
中国の2018年「流行語トップ10」発表! 「運命共同体」に「錦鯉」も
        
2018-12-05 13:10 | 人民網

  上海の語言文学雑誌「咬文嚼字」編集部は今月3日、2018年「流行語トップ10」を発表した。今年は「命運共同体(運命共同体)」、「錦鯉(強運の持ち主)」、「店小二(給仕)」、「教科書式(マニュアル通り)」、「官宣(公式発表)」、「確認過眼神(一目見て分かった)」、「退群(グループ退会)」、「仏系(仏のように物事に拘泥しないこと)」、「巨嬰(巨大児)」、「杠精(へそ曲がり)」が選ばれた。人民日報が報じた。

  1. 命運共同体(運命共同体)

  運命共同体とは、同じ条件の下で結成された運命を共にする集団を指し、「人類運命共同体」がその由来。12年に開かれた中国共産党第十八次全国代表大会以降、習近平総書記は、国内や国際的な公の場で、「人類運命共同体」構築についてたびたび言及してきた。17年の中国共産党第十九次全国代表大会の報告でも、習総書記は再び、「平和な発展の道を堅持し、人類運命共同体の構築を推進する」と言及した。18年3月11日の第13期全国人民代表大会第一次会議で採択された「憲法修正案」では、その「前文」の「各国との外交関係や経済、文化交流を発展させる」という箇所が「各国との外交関係や経済、文化交流を発展させ、人類運命共同体の構築を推進する」に修正された。「人類運命共同体」の構築はすでに各国から注目されており、世界が賛同し、グローバルガバナンス体系変革や新型グローバル関係構築を推進するための世界のコンセンサスとなっている。

  2. 錦鯉(強運の持ち主)

  「泳ぐ芸術品」とも言われている錦鯉(ニシキゴイ) は高級観賞魚として高い人気を誇る。18年の国慶節(建国記念日、10月1日)の連休期間中、支付宝(アリペイ)が公式微博(ウェイボー)アカウントで、書き込みを転載して抽選に当たれば「中国錦鯉になれる」というキャンペーンを実施し、この書き込みは300万回以上転載された。10月7日にはその抽選結果が発表され、当選して「中国錦鯉」となった人々には、世界中から集められた豪華商品がプレゼントされた。ここから「錦鯉」が「幸運」の象徴となり、その後、この話題が盛り上がりを見せる中で、「錦鯉」は次第に強運の持ち主も指すようになっていった。「錦鯉」がネット上で話題をさらい、そこに新たな意味が加わるようになったことは、中国の人々の素晴らしい生活へのあこがれを反映している。

  3. 店小二(給仕)

  「店小二」のもともとの意味は、その昔、茶館や飲み屋、旅館などで接客サービスをする店員や給仕を指していた。「店小二」による親切で行き届いたサービスは、客のその店に対する印象を大きく左右することになる。浙江省政府関係者がかつて、「政府当局や幹部たちは企業や人々により良いサービスを提供する『店小二』のような存在でなければならない」と提唱したことから、「店小二」には次第に新たな意味が加わるようになり、経済発展を推進し、企業に行き届いたサービスを提供する政府当局や幹部を指すようになった。

  4. 教科書式(マニュアル通り)

  2018年5月、ネットに上海の警察官が街中で違法行為の取り締まりを実施する動画が投稿された。動画の中でこの警察官は違法行為の発見から取り締まりの手順、現場での指示に至るまで、まさにマニュアル通りの対応を見せ、ネットユーザーから、「マニュアル通りの取り締まり」と称された。この動画が話題となり転載されたことで、「マニュアル通り」という言葉も流行し始め、その対処の仕方などが規範にかなった素晴らしいものである場合に、「マニュアル通りの演技」や「マニュアル通りのリスク回避」、「マニュアル通りのデザイン」などと使われるようになった。同時に「マニュアル通りのごね方」といったようなマイナスイメージでの使用も見られるようになっている。

  5. 官宣(公式発表)

  2018年10月16日、人気女優の趙麗穎(チャオ?リーイン)と人気俳優の馮紹峰(ウィリアム?フォン)が、微博(ウェイボー)に「公式発表」と題して、入籍を同時に発表した。多くのファンを抱えるスター2人の結婚のニュースは注目の的となり、ネットで話題をさらった。その後、各メディアに個人や機関などが何かを発表する際に「公式発表」という言葉を使って報道されることが続き、たちまち流行語となった。「官宣(公式発表)」の「官」は「公式」を指し、公式サイトを指す「官網」や公式微博アカウントを指す「官微」のように「官方宣布」を省略してできた言葉で、その権威や信ぴょう性を強調する意味が込められている。

  6. 確認過眼神(一目見て分かった)

  「確認過眼神」というのは、もともと「目を見て確認する」という意味で、人気歌手の林俊傑(リン?ジュンジエ)の歌「醉赤壁」の歌詞「僕は眼差しで、運命の君と巡り合ったことを知った」からきている。しかし、今年ネットで流行語となった「確認過眼神」は単に「確認済み」や「チェック済み」という意味で、「眼差し」とは関係がない場合が多い。今年の春節(旧正月、今年は2月15日)にあるネットユーザーが微博に、「一目見てあなたが広東の人だと分かった」と書き込み、広東省の人のお年玉の金額の少なさを突っ込んだ。そこからこの「確認過眼神」がたちまち人気となり、ネットではこの言葉を使った「作文コンクール」まで行われたほど。コンクールには「一目見てあなたが蚊に刺されやすい人だと分かった」や「一目見て欲しかったカバンだと分かった」といった「秀作」が次々登場した。「一目見て分かった」という言葉の流行には、玉石混交、時には偽の情報まで入り混じった大量の情報にあふれる現代において、人々が確認された情報を得たいという心理を反映している。

  7. 退群(グループ退会)

  ここでいう「グループ」とは、微信(WeChat)やQQなどのSNSで作成されるグループチャットを指す。そして「退会」とはすなわちその「グループ」から抜けること。しかし、今年はその意味や使用範囲が広がり、もっと大きな「グループ」から抜ける場合にも「退群」が使われるようになっている。例えば、トランプ大統領就任後、米国が「環太平洋パートナーシップ協定(TPP)」や「パリ協定」、「イランの核問題に関する包括的共同作業計画(JCPOA)」、「万国郵便連合(UPU)」、「国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)」などから「退会」している。さらにトランプ大統領は、「世界貿易機関(WTO)」から「退会」する可能性もあると発言している。それらを背景に「グループ退会」がニュースや報道でしばしば使われる流行語となった。

  8.仏系(仏のように物事に拘泥しないこと)

  「仏系」は、14年に日本のあるファッション誌が紹介した新たな男子シリーズ「仏男子」に由来している。「仏男子」とは恋愛を楽しむことよりも、自分ひとりの時間を大切にしたいと考える傾向が強い男性のこと。17年12月、あるブログに「90後(1990年代生まれ)の第一陣が既に仏門に入った」と題する文章が投稿され、現代の若者の「仏系ライフスタイル」が紹介された。「仏系」とは、「争いごとを好まず、勝ち負けを気にせず、損得を計算しないなど、物事にこだわりがなく、全てのことに淡泊で、どんな環境?境遇にも安んじる」ライフスタイルのことを指す。そこからネット上で「仏系」という言葉が瞬く間に話題となり、「仏系青年」、「仏系恋愛」、「仏系養生」、「仏系魚飼い」などの言葉も次々生まれた。

  9. 巨嬰(巨大児)

  「巨嬰(巨大児)」はもともと体の大きな赤ちゃんを指す言葉。しかし、ここ数年は精神年齢が赤ちゃんで止まっているような大人のことを「巨大児」と呼ぶようになってきている。こうした「巨大児」たちは、自己中心的で、ルールを守る意識に欠け、モラルもない。そして、予想外のことが起きると、感情をコントロールできなくなり、過激で非理性的な行動に出て、社会に「災難」をもたらす。今年は、高速鉄道で他人の席に座り、かたくなに席を替えることを拒んだ男性や女性が話題になったほか、重慶では停留所を乗り過ごした女性客が運転手とケンカになったことが原因でバスが川に転落する事故などが起きたため、「巨大児」という言葉に対する注目度がさらに過熱した。こうした「巨大児」現象は現在、社会問題になりつつある。

  10. 杠精(へそ曲がり)

  「杠」は「揚げ足取り」を意味し、「精」は「精霊、妖怪」を意味する。それを合わせた「杠精」は、「揚げ足を取って屁理屈を言う人」という意味。このようなへそ曲がりな人にとって、「真相」や「是非」はどうでもよく、反対したいがゆえに反論し、争いたいがゆえに論争する。 「杠精」という言葉の流行は、人々がそのような行為に反感を抱いていることを反映している。(編集KN)

  「人民網日本語版」2018年12月4日

0